ガレージハウスとは?今人気が上昇している理由を初心者にも分かりやすく解説

当サイトはガレージハウスとは何か、今人気が上昇している理由を初心者にも分かりやすく解説しています。
ガレージが印象的な造りの家を建てたいと考えているのなら、ぜひ参考にして見てください。
インナーガレージの家は雨やほこりから愛車を守ることが可能です。
大切な愛車のための環境にこだわりたいという場合におすすめです。
またインナーガレージの家なら趣味の空間を確保できるというメリットがあり、車好きに必見の家といえます。

ガレージハウスとは?今人気が上昇している理由を初心者にも分かりやすく解説

近年人気を集めているガレージハウスはどのような特徴があるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
そういう人向けに解説するとガレージハウスは、車庫と住居が一体になった住宅です。
屋外のガレージに置いておくよりも、車をしっかりとガードできる環境なのが特徴です。
また雨の日であっても車を利用しやすくなるというメリットがあるため、人気を集めています。
さらに車以外にも有効的に活用ができたり趣味に集中しやすくなったりするのも魅力です。

ガレージハウスの価格相場はこだわり次第で変わる

ガレージハウスの価格相場はこだわり次第で変わるので、どこまで自分の色を出すのかという点が非常に重要です。
世界に一つだけのオリジナルのガレージハウスを手に入れたいのであれば、間取りやデザインなどを1から考える必要があります。
この場合は自分のイメージを再現してくれるハウスメーカーや工務店、またはデザイナーを探さなければいけません。
ハウスメーカーや工務店は口コミが多く比較的探しやすい傾向がありますが、センスの良いデザイナーを探すのはかなり大変です。
自分のイメージを理解してくれて、こだわりを反映してくれるデザイナーを見つけるためには多くの時間を費やす必要があります。
直接話をしたり、メッセージのやり取りなどを繰り返して考え方が合うかどうかを確かめなくてはいけません。
自分の好きなデザインや間取りにする場合は価格も高額になりますし、工事の日数も多くなるので相場も高くなりがちです。
色々希望がある場合はガレージハウスに必要な費用が増えることを覚悟しなければいけません。

クルマ好きが知りたいガレージハウスの維持費

車好きにとって、車を入れておくガレージハウスは命の次に大事といったことを耳にします。
大切な車ですから傷やごみをいかに防ぐかにかかっています。
そのためにガレージハウスがあって守ってくれます。
そのガレージハウスをつくるためには自分に合って好みでないといけません。
維持費は特にかかりませんが、年月とともに老朽化していきますから、建てるときは高い金額で見積もりを取るといいです。
クルマを収納するわけですからしっかりとしたガレージハウスが必要とされます。
台風や地震に強いガレージも重要ですから、やはり高いお金を出して、購入すべきことは大切なのです。
けちけちするとすぐに朽ち果てていきますから不安や心配がつきものです。
その不安を払拭するためには高い金額を投資します。
投資した分だけ、ガレージの価値として反映されていきますから心配する必要性はないと考えてください。
自分の大切なクルマを守るためにもしっかりとした設計がいいのです。

住宅と車庫が一つになった建物であるガレージハウスの魅力とは?

家にも様々な種類がありますが、ガレージハウスに関心を持つ人も多いのではないでしょうか。
ガレージハウスは住宅と車庫がひとつになった建物です。
ガレージハウスにはどのような魅力があるのかも知っておきたいところです。
まず、車庫が家の中にあるので車が雨風にさらされることなく、良い状態を維持できることがあげられます。
さらに、外に出ることなく車の乗り降りができるのも便利です。
天候の悪いときも、快適な外出ができますし、荷物を運ぶ距離も短く済みます。
高齢者や体の不自由な人が外出する際にも、歩く距離がほとんどないのでより楽に連れ出してあげることもできます。
近隣で駐車場を別に借りる必要がないので、余計な経費も発生しません。
ガレージを作る分、延べ床面積も少なくなるので固定資産税が安くなるというメリットもあります。
車の盗難や車上荒らしを防ぐ効果もありますし、家の中から愛車を眺められるのも車好きの人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

ガレージハウスなら愛車を見ながらお酒が飲める

ガレージハウスは、ただガレージがある家とは違います。
ガレージを楽しむことを前提とした設計であり、愛車をいじったり眺めたりするのが好きな人にはたまらない住宅です。
住居スペースと車庫が一体となっているガレージハウスも珍しくありませんし、ガラスで仕切られたものも作ることが可能です。
車好きもバイク好きも愛車のデザインにはこだわりがあるでしょう。
いつでも美しい状態が保てるように小まめに洗車をして、室内保管を徹底している人も多いと思われます。
そのような人がガレージハウスを手に入れたら、毎日車のフォルムを眺めながらお酒を飲むことが可能です。
眺めている時に気になる汚れが見つかったらその場で磨くこともできます。
さらに車の写真を撮影するのが好きならば、いつでも好きな時に写真が撮れます。
飾りや照明機材、カメラなどを揃えることでよりかっこいい1枚を目指すことが可能です。
ガレージハウスがあれば、これまでよりも充実したカーライフが期待できます。

ガレージハウスは通常の住宅よりも費用が高額になるケースがある

ガレージハウスは通常の住宅とは違い、一階部分を改造する必要があります。
一般的な間取りとは違い、家の中に車庫があるので特殊な少し間取りになります。
工事の期間は通常よりも長くなりますし、必要な資材も増えるので費用は高額になるケースが多いです。
ガレージハウスは設計の制限がかかることもあり、予定通りに工事が進まないこともあります。
制限を回避することが出来たとしても、課題はまだ残されています。車を出し入れするために入り口を広くとらなくてはいけません。
入り口が狭いとミニバンやSUVのような大きな車体は入ることができないですが、広くとることができれば幅広い車種でもスムーズに出入りできます。
ガレージハウスを購入する人の多くは車やバイクを愛する人が多いです。
大きな車やバイクを所有している場合は入り口も広くする必要がありますし、自分で整備をするための場所が欲しい人もいます。
スムーズに出入りできる広いガレージハウスにするためにはそれなりの費用が必要です。

ガレージハウスは居住スペースが減る可能性がある

大切な愛車をしまっておけるガレージが欲しいなら、ガレージハウスなら正にその理想が叶いますがその分居住スペースが狭くなるのであらかじめ必要なスペースを考えておくのがポイントです。
一般的な建売理では建坪で30坪程度がメジャーですが、その中でガレージを作ろうとするとその分居住スペースは削られることになります。
ひとり暮らしや夫婦2人暮らしならそれでも大丈夫ですが、子供がいたりすると住む場所が狭くなってしまいますので注意が必要です。
ガレージハウスが欲しいなら、まずは賃貸で済んでみてイメージを確立しておくのもお勧めです。
最近、賃貸のガレージハウスが流行していて愛車を安全に駐車したい方の間で話題となっています。
ガレージハウスは、趣味を満喫するのには最適ですが住む部屋が少なくなったり狭くなることは想定内です。
荷物はガレージに置くこともできますが、最低限の場所は確保できるように間取りは意識しておくとよいでしょう。

ガレージハウスではシャッターが必要になる

ガレージハウスの場合は、出入口となる部分が玄関よりも面積がかなり大きくなるので、正面にはシャッターを取付ける必要性があります。
国内には有名メーカーが数社営業をしているので、ガレージハウスを建てる際には予め設備にするシャッターに関しては、デザイン面やカラーの選択、機能性の内容も事前に調査した上で決定することは欠かせません。
向いている機材の中にはリモコン式のタイプがあり、リモコンは車内に置いておく方法で外出する際には車内から下ろすことができ、帰宅をする時にも車内から外に出ずに開けることが可能になります。
リモコン式は多くの方が採用をしているものですが、開閉する際の音にも注目することも最善策になります。
ガラガラと大きな音が出るようなタイプではなく、スムーズに開閉でき静音設計のタイプを導入することで近隣住宅に対して配慮することにも役立ちます。
ただし防犯性も重要視する必要性があり、静音設計の場合では夜間に他人が開けても気付かない可能性があります。
この場合は施錠部分を強化しているタイプを選ぶ他、外部から勝手に開けられた場合に音と光で報せるセンサー付きであれば完璧ではないでしょうか。

ガレージハウスは車庫以外にも活用できる

ガレージハウスといえば車を収納する場所という印象を与えますが、それ以外にも活用が可能です。屋根があって室内がそれほど汚れても大丈夫、空間をさまざまな利用できることから家族みんなで活用ができます。
一番多い利用法が倉庫で、少し大きめの棚を設置すると、あらゆるものが収納できます。
子供部屋も年月がたつと学校で使用したものや思い出の品が多くなります。
部屋に置いておくほどでもないけど捨てるのはもったいない、教科書などの本やクラブ活動で使用した道具などを保管できます。
車以外では自転車屋バイクも保管でき、メンテナンスができる空間にもなります。
他にもガレージハウスといえば遊びや趣味の空間としても価値があり、空調設備があるとバーベキューなどもすることができます。
屋根があるので雨でも問題なく楽しめます。
ダーツなどを設置してプレイしたり、ゴルフや野球の素振りなどの練習、風の強い時のガーデニングの置き場所など、家族みんなで使える空間になります。

高級車を所有するならセキュリティが高いガレージハウスがおすすめ

高級車を所有していて、賃貸住宅を探しているなら外に駐車するのは不安ですのでセキュリティのしっかりしたガレージハウスをおすすめします。
ガレージハウスなら、住宅の中に車をしまうことができるので外から侵入されない限りは安心です。
ガレージハウスにすることで、雨や風などの天候に左右されずにいつでも車を綺麗に保つことができます。
高級車を所有する場合、何かと保管には気をつかいますが自宅の中にあるならいつでも確認できるので安心です。
ガレージハウスは、シャッターがついていて2台置けるところも多いですし水道もあるので掃除も楽にできます。
自宅を新築するときに電動シャッター付きのものを建てようとすると高額になりますが、賃貸なら住んでいる間だけ家賃を支払えば愛車にとっても良い環境ですし快適に暮らすことが可能です。
セキュリティ性を気にして高級車を購入するか悩んでいるなら、人気のこうしたサービスを借りるのがおすすめです。

ガレージハウスに関する情報サイト
ガレージハウスを考えているなら

当サイトはガレージハウスとは何か、今人気が上昇している理由を初心者にも分かりやすく解説しています。ガレージが印象的な造りの家を建てたいと考えているのなら、ぜひ参考にして見てください。インナーガレージの家は雨やほこりから愛車を守ることが可能です。大切な愛車のための環境にこだわりたいという場合におすすめです。またインナーガレージの家なら趣味の空間を確保できるというメリットがあり、車好きに必見の家といえます。

Search